« 桜花賞の分析1 | トップページ | 桜花賞の分析3 »

2006年4月 5日 (水)

桜花賞の分析2

個別に出走予定馬を見てみます。
・アイアムエンジェル
 ダートと1200mしか走っていない。前走のファルコンSは逃げて
 タガノバスティーユの2着と粘ったが、マイルでは厳しそう。
・アサヒライジング
  マイルで3勝。クイーンCはコイウタの2着。前走は相手も軽く楽勝で
  逃げ切った。粘りこんでいるが、このメンバーではどうか?
  内枠にでも入れば、今年は重賞でもやる気を見せている柴田善騎手が
  2,3着までもってくることができるかも?
・アドマイヤキッス
  前走チューリップ賞ではまだ1勝馬。ジリ脚かと思っていたら
  前走は鮮やかに差しきった。クラッシック最後のSS産駒+武豊
  +好調のアドマイヤ冠と文句なしの1番人気でしょう。
  この馬を消すのはちょっと難しいが、絶対の軸かと言うとチョット....
  反抗してみたい気もする。
・アルーリングボイス
  2歳時に重賞2勝を含む4連勝は圧巻。しかし阪神JFから下降線。
  言われているように早熟なのか?雨の影響か?距離は短いほうが
  いい気ようなする。デムーロ騎乗が起爆剤になれば!
  逃げてみたら面白いかもしれない。
・ウインシンシア
  前走チューリップ賞は後方から追い上げ3着。上がりも勝ち馬の
  アドマイヤキッスと遜色ない。意外にいけるか?父DDで距離は
  伸びたほうがいいのかもしれない。
・エイシンアモーレ
  デビューから連勝のあとは尻すぼみ。時計が掛かる馬場で
  逃げ粘るパターンなら。上がり勝負になると厳しいようだ。
・キッストゥヘヴン
  デビュ-から5連対。前走フラワーCではフサイチパンドラを差しきった。
  中山で連勝しているのが、未経験の阪神の坂でも大丈夫か?
・グレイスティアラ
  前走はメンバー2番目の上がりで2着。重の新潟2歳で4着もあるが
  ここは厳しそう。鞍上田中勝騎手の連敗記録も気になる。
・コイウタ
  阪神JF6着後は2連勝。前走クイーンズCは前目からメンバー中
  1番の上がりで押し切り勝ち。今回も前目の競馬になるだろうから
  枠は重要だろう。

他の方の予想の結果はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログランキングranQ

人気blogランキングへ   

|

« 桜花賞の分析1 | トップページ | 桜花賞の分析3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/1283671

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞の分析2:

» 桜花賞■コース分析とレース展開 [HorseRacingReview-relaxsize/スポーツ生活]
桜花賞 阪神 芝 1600m GI 春のクラシック第一段。 3歳牝馬戦は苦手なレースですがGIですからね!お祭りですよ! 桜花賞はまだ未熟な3歳牝馬戦と言うこともあり紛れが多いのも事実。 ただある程度脚質とコースから考慮はできます。 まずこのコース。 ・スタートしてから最初のコーナーが急。 ポジション取りで先行争いが激化します。魔の桜花賞ペースと言われる所以です。過去10年の馬連平均が7000円越えです、人気通りになりません。 ・外枠先行馬有利 コーナー... [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 23時22分

» 桜花賞 着差理論+α [競馬重賞予想ブログ 3連複で小金持ち!やっぱりG1馬かよ]
桜花賞 予想項目2:着差理論+α(近3走を元に算出) 順位該当数 所属出走馬 馬齢斤量 騎手脚質 1位2p 東アイアムエンジェル 牝355 柴山雄一逃げ 2位4.66p 東ダイワパッション 牝355 長谷川浩大先行 3位6p 西テイエムプリキュア 牝355 熊沢重文差し 〃6p 東ラッシュ..... [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 (木) 17時47分

« 桜花賞の分析1 | トップページ | 桜花賞の分析3 »