« 今週の重賞 福島牝馬S | トップページ | アンタレスS »

2006年4月18日 (火)

フローラSの傾向

フローラSの分析をしてみます。
オークスTRのレースですが、この中から
スターが生まれるのでしょうか?
過去10年の傾向をまとめてみました。

レース名 東京 芝2000m
万馬券回数 2回
穴馬連対数 3回(3頭)
人気別の連対数 1番人気 5回
2番人気 3回
3番人気 4回
連対馬脚質 逃げ 0頭
先行 9頭
差し 7頭
追込 4頭
穴で連対した馬の脚質 逃げ 0頭
先行 1頭
差し 0頭
追込 2頭

過去10回で万馬券が2回。'03は14番人気が勝ち、8万馬券がでた。
3桁配当は3回。10~20倍台の配当が多い。
1番人気は5連対だが、過去7年は勝っていない。
5番人気が5連対(3勝)しているのが目立つ。
穴は9番人気が2回、14番人気が1回。
連対馬の脚質だが、逃げ馬が来ていない。
先行馬がやや有利か?
追い込み馬が2頭、穴をあけているので、
決め手を持つ馬が狙い目か?

それでは出走予定馬をさっと見てみます。
・アイスドール
  赤松賞を34.1秒で上がり勝っているが、その後はもうひとつ
  伸びがない。ここで巻き返すか?人気になりそう。
・オリオンオンサイト
  やや重の中山2200mで2着のあと、フラワーCで逃げバテて6着。
  早い時計では厳しいか?距離は伸びたほうが良さそう。
・テイエムプリキュア
  2歳女王は桜花賞のあと中1週でここへ参戦。メンバー的には
  力上位だろう。桜花賞では、なんとなく走る気がなかったように見えたが
  その気になれば力強く抜け出してくるだろう。2000mはどうなんでしょうかね?
・ハギノプリンセス
  前走は阪神2200mで勝っている。距離は大丈夫だろう。
  サンデー産駒が最後の爆発力を見せるか?
・ハネダテンシ
  葉牡丹賞、クイーンC、フラワーCは負けはしたが、上がりは
  メンバー中最速レベル。前走ミモザ賞は先行する形で末脚をなくしたか?
  それとも距離か?切れる脚があるので注目。
・ホーリーミスト
  前走の中山2000mはやや重だったが、後方から一気に差しきった。
  そこそこ脚が使えるので結構いけるかも。
 ・ノンコ
  前走は中山2000mのミモザ賞では、先行して抜け出しにかかったが
  マイネサンサンに差されて2着。距離は大丈夫だろう。
  前々走は9着だったが、牡馬がレコード勝ちしているレベルが高い
  レースだったので、着順は気にしなくても良いだろう。
・マイネサンサン
  新馬戦を勝った後、マイル戦で大敗続きだったが、前走は鮮やかに
  後方から差しきった。血統的にも距離は伸びたほうが良いみたい。
  成績に安定性が欠けるるので軸としてはどうか?
・ラビットオレンジ
  アネモネSでは先行してアサヒライジング(桜花賞4着)の3着。
  前走はダートだったが、芝に戻り先行して粘れるか?
  
今の所、こういう馬が目につきましたが、まだ良く分かりません。
もうちょっと調べる必要ありますね。

他の方の予想はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログランキングranQ

人気blogランキングへ  

|

« 今週の重賞 福島牝馬S | トップページ | アンタレスS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/1457826

この記事へのトラックバック一覧です: フローラSの傾向:

« 今週の重賞 福島牝馬S | トップページ | アンタレスS »