« 桜花賞の分析2 | トップページ | 阪神牝馬Sの予想 »

2006年4月 6日 (木)

桜花賞の分析3

各馬について見てみましょう。その2!
・シュルズレイ
  チューリップ賞は中団からの競馬。勝ち馬にはかわされたが
   しぶとく2着を確保。阪神マイルでは2連対している。雨の阪神JFは
   度外視してもいいだろ。前々走では、フサイチパンドラを押さえて
   勝っている。岩田騎手騎乗で人気になりそう。
・ダイワパッション
  4連勝中。フィリーズレヴューでは有力馬が伸びないところを
  先行して抜け出して1着。マイル経験がないのが難だが、波に乗ってる
  ので、距離も克服するかも?長谷川騎手がG1で勝負できるもカギ。
・タッチザピーク
  連勝の後のチューリップ賞で9着。先行していたが勝負どころで後退。
  阪神の坂が堪えたか?
・テイエムプリキュア
  前走では初めて土がついた。阪神JFでみせた伸びが見られなかったが
  手綱が熊沢騎手に戻り、巻き返しはあるかもしれない。
  なんといっても2歳女王。軽く扱うわけにはいかない。
・フサイチパンドラ
  なかなか勝てないレースが続いたが、中山で1着-2着と強さを発揮してきた。
  前走は前が崩れた展開だったが、よく2着と粘った。
  阪神JFでも3着しており、実力はあると思う。自分の流れになれば
  強いと思う。ここ1番で強さを発揮する角田騎手にも期待。
・ミッキーコマンド
  ここ2戦は11,12着と惨敗。距離も長いか?
・ユメノオーラ
  エルフィンSではシュルズレイ、フサイチパンドラに先着している。
  フィリーズレヴューでは2着に突っ込んできた。すでに13戦しており
  疲れはないか?ズバっと切れるタイプではないので苦しいか?
・ラシュライフ
  函館、京都で3連対のあと阪神チューリップ賞で5着。
  短距離の方が合いそうだが、同じバクシンオー産駒の
  シーイズトウショウが2着に粘りこんでるので、マイルまではOKか?
  四位騎手への乗り替わりだが、桜花賞では2着2回、3着1回と
  蛯名騎手より実績を残しているのでかえっていいかも?
・ウエスタンビーナス
  1/2の抽選で出走。近走不振。マイルも合わないか?
  どちらにしろここでは厳しいと思う。


他の方の予想の結果はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログランキングranQ

人気blogランキングへ
  

|

« 桜花賞の分析2 | トップページ | 阪神牝馬Sの予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/1292688

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞の分析3:

« 桜花賞の分析2 | トップページ | 阪神牝馬Sの予想 »