« 天皇賞出走馬について その1 | トップページ | 天皇賞の分析 まとめ »

2006年4月26日 (水)

天皇賞出走馬について その2

昨日に続いて天皇賞の出走馬を見てみます。

・ナリタセンチュリー(田島裕)
  昨年の京都記念1着以来。京都コースは相性がよく、8勝のうち4勝が
  京都でのもの。’04は春・天5着のあと京都記念1着がある。
  力はあるが1年2ヶ月ぶりでG1は厳しい。
・ハイフレンドトライ(小林淳)
  前走の阪神大賞典まですべて3000m以上の長距離で5-4-4-4着。
  そこそこ走るが、ここでは掲示板が精一杯か。京都コースでの実績もない。
・ビッグゴールド(和田)
  去年の大波乱の立役者。ながく低迷していたが、去年は阪神コースで
  連勝のあと、このレースで2着に食い込んだが、その後は前の成績に逆戻り。
  去年の勢いもなく、年齢もあり、再度のBIGTIMEは無理か?
・ファストタテヤマ(武幸)
  万葉Sで、’02京都新聞杯以来の久々の1着。菊花賞2着もあり
  京都コースは合うといわれているが、そういい成績ではない。
  菊花賞後に連対したのは、'03オールカマーと'05札幌記念と前走のみ。
  当てにならない馬だが、ダンスインザダーク産駒でもあり、はまれば
  大穴をあけることがある。混戦になれば突っ込んで来るかも。
・ブルートルネード(池添)
  前走の日経賞3着が精一杯。、ここではちょっと厳しいでしょう。
・マッキーマックス(藤田)
  大阪杯2着だが、この馬にとっては距離が短いのによく追い込んだ。
  万葉S3着、ダイヤモンドS1着と長距離でこそ力を発揮しそう。
  調子も上向きだしダンスインザダーク産駒で!
・ マーブルチーフ(熊沢)
   うーん、苦しい。日経新春杯で2着2回、京都新聞杯1着と
   実績はあるんだけどね。うまく先行できても、相手が強いからなー
・リンカーン(横山典)
  この馬には何度も裏切られた。どうも勝ちきれないんですよね。
  でも、昨年からのJC-有馬-日経賞ではかなりいい脚を使っている
  ので、見限れないところはある。
  しかし、天皇賞(春)(秋)ともどうも相性が悪いらしい。
  13-12-6-1着といずれも一番人気で惨敗。
  天皇と大統領では合わないのかな?(笑
  横典が乗ると成績いいし、横典は天皇賞の成績もよい。
  うーん、悩むな。2番人気だろうし切りたいところだけど、好きだしね~
・ローゼンクロイツ(安藤勝)
  菊花賞3着後、中京記念2着。大阪杯に期待がかかったが5着と
  伸びず。ディープにはことごとくやられているので、来ても3着ぐらいか。
  京都コースは合いそう。

ここまで見てきましたが、どうもディープを負かせるだけの馬は見当たりません。
あるとすれば、大逃げ前残りだけでしょう。
アイポッパー、トウカイトリックがどういう競馬をするのかでしょう。
逃げる可能性がある、シルクフェイマス、ビッグゴールド、マーブルチーフの
出方次第では面白レースになるかも?

ディープ→人気の差し・追い込み馬となる可能性大ですね。
荒れるとすれば、人気薄の逃げ、追い込み馬の極端な脚質馬が
絡んでくると思います。
予想も難しいけど、どういう馬券の組み立てをするか悩みますね。

他の方の予想はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログランキングranQ

人気blogランキングへ  

|

« 天皇賞出走馬について その1 | トップページ | 天皇賞の分析 まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/1586896

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞出走馬について その2:

» 天皇賞・春 着差理論+α [競馬重賞予想ブログ 3連複で小金持ち!やっぱりG1馬かよ]
天皇賞 (春) 予想項目2:着差理論+α(近3走を元に算出) 順位該当数 所属出走馬 馬齢斤量 騎手脚質 1位-5p 西ディープインパクト 牡458 武 豊捲り 2位 -0.33p西 リンカーン牡6 58横山典弘 差し 3位0p 西シルクフェイマス 牡758 柴田善臣先行 4位3.66p 西アドマイヤ..... [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 17時52分

« 天皇賞出走馬について その1 | トップページ | 天皇賞の分析 まとめ »