« フローラSの傾向 | トップページ | 今週は騎手で »

2006年4月18日 (火)

アンタレスS

アンタレスSの分析をやります。
過去10年の傾向をまとめてみました。

コース・距離 京都 ダート1800m
万馬券回数 3回
穴馬連対数 5回(5頭)
人気別の連対数 1番人気 3回
2番人気 3回
3番人気 3回
連対馬脚質 逃げ 7頭
先行 5頭
差し 7頭
追込 1頭
穴で連対した馬の脚質 逃げ 3頭
先行 1頭
差し 1頭
追込 0頭

過去10回で万馬券が3回。3桁配当は2回。
人気馬の連対が少ない荒れる傾向のレース。
穴は10番人気以下が3回来ている。
連対馬の脚質だが、逃げ・先行有利。
追い込み馬はやはり苦しい。
穴も逃げた馬があけている。
ガンガン逃げる、思いっきりのよい鞍上がいいかも?

ダートは有力馬が目白押しのようで、多数の登録がありますね。
あと、地方交流戦の成績を拾うのが大変で、よくわかりません。
どの馬が本当に出てくるんでしょうか?
目についたものだけ拾ってみる。

・ウインセ-バー
  ここ8走はすべて3着以内6連対しているが、距離はすべて1400m。
  距離が伸びた今回はどうか?
・エンシェントヒル
  仁川S連覇はヒシアトラスを破ってのもの。1800mでは5勝と
  距離も合っている。ただ、追い込み脚質がどうか?
・オーガストバイオ
  昨年の2着で、このコース・距離は4連対。昨年は1800mで5戦連続で
  連対している。先行してしぶとく行きたいところ。
・カフェオリンポス
  前走は岩田騎手で先行押し切り。昨年末の同距離・コースのトパーズS
  2着があり、やはり注意が必要な1頭。
・クワエットディ
  前走は12着と大敗。年明けの雅Sでは勝っている。重馬場は得意なので
  雨でも降ればいい感じか。
・サカラート
  G1戦ではいまいちの成績だが、ここは力上位だろう。
  ただ、1800mはちょっと短いか?
・ドンクール
  地方戦では調子よさそう。京都では1800mの雅S2着がある。
  ただ、年明けの平安Sでは13着と惨敗しているが...
・ヒシアトラス
  1800mでは強い。京都でも実績あるので、ここは有力馬筆頭か?
  前2走は59kgで連対しているので、軽くなる今回は好走する確率は
  高いと思う。
・ピットファイター
  昨年の優勝馬。流れに乗れば勝ち負けできる力はある。
・フィフティワナー
  デビュー戦3着後は4連勝。距離も1800mと条件は合う。
  重賞でどこまでやれるか?
・フィールドルージュ
  こちらも1800mを4連対中。相手強化のここでどんな走りを見せるか?

他の方の予想はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログランキングranQ

人気blogランキングへ   

|

« フローラSの傾向 | トップページ | 今週は騎手で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/1462201

この記事へのトラックバック一覧です: アンタレスS:

« フローラSの傾向 | トップページ | 今週は騎手で »