« 安田記念の出走馬について その1 | トップページ | ユニコーンSの傾向 »

2006年5月31日 (水)

安田記念の出走馬について その2

昨日の続きです。

・ダイワメジャー(安藤勝)
  マイルCSのハナ差の2着から、中山記念2着、マイラーズC1着と順調。
  マイルも2勝2着3回と実績十分。東京での実績がないのが少々難か。
  先週までは前が有利な馬場だったので、前目から押し切るシーンも
  十分ありそう。
・ダンスインザムード(北村) 
  ヴィクトリアマイル1着で完全復活か。牡馬相手のG1で好勝負をしてきた
  力を、そのまま発揮できれば今回もいける。
  なにより、同舞台の前走を勝てたのが大きい。北村騎手も自信がついた。
  東京コースは天皇賞・秋で2,3着しており、実績十分。
  距離もマイルCS2,4着、桜花賞1着とベストともいえる距離。
  牡馬相手のほうが走りそう。あとは当日の状態だけ。入れ込まなければOK!
・テレグノシス(武豊)
  東京マイルはこの馬にとっては最高の条件。最後になるだろう最高の
  舞台にふさわしい鞍上に変えてきた。
  追込み一手の脚質なので展開に注文がつく。武騎手がどう乗るか?
  京王杯3着と、7歳馬でも衰えは感じない。
・ハットトリック(岩田)
  マイルCS、香港マイルとG1連勝。中山記念11着をはさみトバイ遠征。
  距離、馬場とも合わなかったとはいえ惨敗。
  東京マイルと得意条件に戻ったが、どこまで立て直せるか?
  マイル7勝、上がり32秒台が3度あり、切れ味は脅威なので
  体調、仕上がり具合がポイント。
・バランスオブゲーム(田中勝)
  中山記念は重馬場を利して逃げ切り。G2までなら強い。
  G1ではいま一歩力不足のようだが、今回も前目で粘りこむ形だろう。
  一昨年のこのレースは3着。やや重だった。馬場が渋れば有利だが
  今週は晴れの予報でちょっと運が向かないか?3着までならある。
・フジサイレンス(江田)
  東京新聞杯は、前を行くオレハマッテルゼらを鮮やかに差しきり。
  嵌れば一発あるだろうが、このメンバーでは厳しいか?
  マイルは4勝2着2回。江田騎手で大穴を狙うか?
・ブリッシュラック(プレブル)
  昨年の4着。上がりはスィープトウショウと並び最速。
  チャンピオンズマイル連覇で再度このレースに臨む。
  この馬も展開が鍵でしょうね。勝てば100万ドルのボーナスが出る
  らしいので、陣営も本気モードで来るだろう。香港馬ではやはり1番怖い。
・メイショウボーラー(福永)
  ダートに転じてから3連勝でフェブラリーS制覇だが、その後の
  芝の高松宮記念で大敗。ダートに戻るも,なかなかいい成績が出ない。
  2,3歳時は芝で好成績を収めており、快速の復活を期待したい。
  白井厩舎の先輩、アグネスデジタルは、芝・ダートのG1馬。
  安田記念も勝っており、そのときの臨戦過程、着順が一緒というのは
  因縁めいてる。父タイキシャトルもこのレースを制している。
  好きな馬なのでがんばって欲しいのだが。
・ローエングリン(四位)
  陣営は控える競馬を試みているようだが、7歳の今になっては
  ちょっと無理だろう。
  年をとって踏ん張りが利かないのか、逃げバテが続いているので、
  そういう気にもなったのだろうが、逃げてこその馬だと思うし、負けても
  そちらのほうが私は好きだ(笑
  上位は望めないかもしれないが、この馬らしい競馬をして欲しい。

他の方の予想はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ 

  にほんブログ村 競馬ブログへ   

|

« 安田記念の出走馬について その1 | トップページ | ユニコーンSの傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/2018552

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念の出走馬について その2:

« 安田記念の出走馬について その1 | トップページ | ユニコーンSの傾向 »