« 安田記念の傾向 | トップページ | 安田記念の出走馬について その2 »

2006年5月30日 (火)

安田記念の出走馬について その1

今日から安田記念の出走予定馬について、1頭ずつみていきます。
天気予報は明日から日曜まで晴れですので、久々に良馬場で
行われそうですね。

・アサクサデンエン(藤田)
  昨年の優勝馬。距離不向きと思われた天皇賞・秋でも4着と好走。
  順調に使ってきた昨年と違い、海外遠征帰りのぶっつけで臨む
  今年はちょっと不安。どれぐらい仕上がっているのか?
  東京コースは6勝と得意。
・インセンティブガイ(横山典)
  前哨戦の京王杯2着だが、近走は連対と着外を繰り返している。
  東京での連対は前走1400mと2歳時の1600m葉牡丹賞だけ。
  東京マイルでは、勝てていない。重賞勝ちがなく、G1初挑戦。
  今回はちょっと厳しい。
・エイシンドーバー(蛯名)
  小倉での好走が目立つ馬。ずっと関西圏で走っており、
  東京コース自体が初めて。マイルはこなせるだろうが、
  鋭い決め手があるわけでもなく、ここは見送りでしょう。
・オレハマッテルゼ(柴田善)
  初距離だったが、高松宮記念でG1勝利。京王杯もトップハンデながら
  圧勝した。今年に入って9-2-3-1-1と安定して走っている。
  東京コースも5勝と得意としている。マイルも4勝と問題ないが、
  ベストは東京1400mかも?東京新聞杯でフジサイレンスに差されており
  若干の不安はあるが、いまは前残りの馬場だし問題ないかも。
  今年はG1でも乗ってる柴田ヨシトミ騎手。4-3-2着と上げ潮ムードで
  再度この馬でG1奪取か?
・カンパニー(内田博)
  前走は重馬場を鋭く伸びて1着だったが、やはり良馬場でこそ上がり
  33秒台の切れ味が生きるだろう。重賞を2勝し、昨年5着からの
  前進は可能だろう。ただ、1800mでの実績が光る馬だけに
  距離が1ハロン短いかも?期待の1頭です。
・グレートジャーニー(佐藤哲)
  ダービー卿CTでは鋭い脚を繰り出し1着。前走は道悪がたたったか?
  成績が上がらなかったときでも、マイルではそこそこ走っている。
  東京マイルでは昨年の東京新聞杯でアサクサデンエンに先着する
  3着がある。このメンバーでも決め脚を見せることが出来るか?
・ザデューク(ダン)
  香港マイルでハットトリックの2着。あとはわかりません(笑
  雑誌とか見ると香港馬では3番手評価ですね。
  走ってみないとわかりません。
・ジョイフルウィナー(ビード)
  これも香港馬でよくわからないんですが、2走前にはサイレントウィットネス
  を差しきっており、豪快な差し脚があるみたい。香港記録の年間6勝を
  あげている上がり馬。日本の馬場が合えば怖い。
・シンボリグラン(柴山)
  高松宮記念では1番人気に押されたが6着。今回は距離が長そう。
  やはり1400mまでしか勝ちがなく、芝マイルも初めてという
  今回は厳しいだろう。


他の方の予想はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ 

  にほんブログ村 競馬ブログへ



      

|

« 安田記念の傾向 | トップページ | 安田記念の出走馬について その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/2001357

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念の出走馬について その1:

« 安田記念の傾向 | トップページ | 安田記念の出走馬について その2 »