« 目黒記念の傾向 | トップページ | ダービーの検討 »

2006年5月25日 (木)

金鯱賞の傾向

土曜日の重賞 金鯱賞の傾向を調べて見ます。
このレースはタップダンスシチーが3連覇したレースですね。
では、過去10年で調べてみます。

コース・距離 中京 芝2000m
万馬券回数 1回
穴馬連対数 4回(4頭)
人気別の連対数 1番人気 5回
2番人気 5回
3番人気 2回
連対馬脚質 逃げ 6頭
先行 7頭
差し 4頭
追込 3頭
穴で連対した馬の脚質 逃げ 1頭
先行 1頭
差し 2頭
追込 0頭

過去10回で万馬券1回。3桁配当が2回。
10倍、20倍台の配当が多い。
穴馬同士の決着はなし、10番人気以下の連対もない。
1、2番人気は5連対。3番人気が2連対と分が悪い。
あとは4,5番人気も2連対ずつ。
連対馬の脚質だが、逃げ・先行有利か。
ただ逃げて勝ったのはタップとサイレンススズカの強力馬。
すんなり逃げきれるとは思えない。

今回の登録馬では、
天皇賞組のローゼンクロイツ、ブルートルネードがいる。
両馬とも前走は距離が長かったと思うので、2000mになり
巻き返してくるはず。ローゼンは中京記念2着がある。
新潟大賞典からエルカミーノとエイシンドーバー、コンゴウリキシオー。
エイシンドーバーは期待の中京記念が4着と案外。
小倉での成績がいいので小回り・平坦は合うと思うが。
エリモハリアーは函館で連勝のあと、朝日CCが2着。
中京2000mの実績もあるので、仕上がり具合では好勝負するかも?

他の方の予想はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ 

|

« 目黒記念の傾向 | トップページ | ダービーの検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/1932259

この記事へのトラックバック一覧です: 金鯱賞の傾向:

« 目黒記念の傾向 | トップページ | ダービーの検討 »