« ヴィクトリアマイル出走予定馬について2 | トップページ | 騎手 »

2006年5月11日 (木)

京王杯SCの分析

今日は京王杯SCの分析をしてみます。

コース・距離 東京 芝1400m
万馬券回数 2回
穴馬連対数 6回(7頭)
人気別の連対数 1番人気 4回
2番人気 3回
3番人気 0回
連対馬脚質 逃げ 5頭
先行 4頭
差し

6頭

追込 5頭
穴で連対した馬の脚質 逃げ 2頭
先行 2頭
差し 3頭
追込 0頭

過去10回で万馬券は2回。3桁配当はなし。
中穴ぐらいの決着が見込めるレース。
1,2番人気は4、3連対だが、3番人気は連対無し。
5番人気が5連対しているのが面白い。
連対馬の脚質には特に目立った傾向はない。
ただ追込み馬は穴をあけていない。

今回の注目は
オレハマッテルゼがどういう走りを見せるのかです。
ここではちょっと買いたくありませんが(笑
テレグノシスも東京大得意ですが年と馬場ですね。
フジサイレンスやグレートジャーニとかに目が行きます。
ネイテイブハートも侮れないか?
あと人気しそうなシンボリグランあたりか。
あ、ローエングリンも出ますね。でも苦しいでしょうね。

他の方の予想はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログランキングranQ

人気blogランキングへ

|

« ヴィクトリアマイル出走予定馬について2 | トップページ | 騎手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/1762301

この記事へのトラックバック一覧です: 京王杯SCの分析:

« ヴィクトリアマイル出走予定馬について2 | トップページ | 騎手 »