« 小倉、新潟2歳Sの予想結果 | トップページ | 朝日CCについて »

2006年9月 7日 (木)

京成杯AHの傾向

今週は3重賞ですね。
朝日CCとセントウルSは中京での代替開催ですので
従来のデータをそのまま使うわけにはいけません。
うーん、悩みますね。
京成杯はマイネルモルゲン、セントウルはゴールデンキャストの
3連覇がかかっています。なかなか3連覇は難しいですよね~

今週のデータは京成杯AHのみとなりますね。
京成杯AHの過去10年の傾向を調べてみます。

コース・距離 芝1600m
万馬券回数 2回
穴馬連対数 3回(5頭)
人気別の連対数 1番人気

4回

2番人気 3回
3番人気 4回
連対馬脚質 逃げ 8頭
先行 6頭
差し 3頭
追込

3頭

穴で連対した馬の脚質 逃げ 2頭
先行 0頭
差し 1頭
追込 2頭

過去10年で万馬券は2回。
3桁配当が3回。
1、2,3番人気は4,3,4連対。
10番人気以下の連対はない。
ほぼ5番人気内で決着だが
穴馬同士での決着が2回あり万馬券となっている。
10~30倍の配当で決まることが多いようだ。
脚質的には逃げ・先行馬有利。
直線向いたときに前にいたほうがいいようだ。
穴は逃げと追込み。
人気薄の逃げ切りか一瞬の切れが穴。


3連覇がかかるマイネルモルゲンや、前走はびっくりの上がりを
見せたローエングリン、関谷記念を勝ったカンファーベストが
いるが、マイネルスケルッティやマイネサマンサの前に行く馬に注目。
ステキシンスケクンもいるがマイルは長いような気も..
後ろから行く馬ではマイネルハーティーやペールギュントあたりの
復活にも期待したい。
あとはフォーカルポイントあたりかな?
もうちょっと検討しなきゃいけません。
なかなか面白いメンバーですね。

その他、気になる競馬の情報はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ

|

« 小倉、新潟2歳Sの予想結果 | トップページ | 朝日CCについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13670/3358587

この記事へのトラックバック一覧です: 京成杯AHの傾向:

« 小倉、新潟2歳Sの予想結果 | トップページ | 朝日CCについて »